2013年5月25日土曜日

はじめまして


何時も行く公園に可愛い住人が増えていた。

数日前に植え込みの陰を元気に走り回っている
姿が見えたけど通りに出てこなかった。

今日は母猫の後について出てきてくれた。

はじめはおそるおそる。
次第に元気になっていたずらをはじめる。

普段は足早に通り過ぎる人たちも笑って通り過ぎていく。


このまま、公園の猫達が平穏に生きていける
世の中であればいいと思う。


はじめまして 2013-05-23 撮影
Nikon S9300

2013年5月23日木曜日

夏よこい


今年の天候はわけがわからない。
暑くなったり、寒くなったり。
体がついていかない。

だから、はやく夏よこい。

麦わら帽子かぶって、
お気に入りのアロハを着て
写真を撮りにいくから。

だから、夏よこい。



夏よこい 2013-05-022撮影
PENTAX K-30
 smc PENTAX-DAL 18-55mm F3.5-5.6 AL

2013年5月15日水曜日

装飾瓦


博多の街をぶらぶらと歩く。
歩き疲れて上を見上げたら
装飾瓦が笑ってた。
古い街は風情があっていい。

装飾瓦 2013-05-14 撮影
Nikon S9300

2013年5月14日火曜日

ヒデヨシ


彼の名前は、ヒデヨシ。
この公園で最初のさわらせてくれた猫。
ふてぶてしくて気難しいけど愛嬌のある猫。

ここ暫くヒデヨシとは会えなかった。
見かけてもなかなか寄ってこなかった。

そのヒデヨシが何時もの場所に何時もの仲間といた。
近寄ったらまた何処かに行くかもしれない。
ちょっと離れたところから写真を撮り話しかける。


「おはよう。調子はどうだい。」
胡散臭そうに見ているヒデヨシ。

だけど、今日は立ち上がり挨拶にきてくれた。
挨拶が終わると側に置いていた鞄の上に。


「そこ好きだね。」

何も言わずに寛いでいるヒデヨシ。
好き勝手に遊んでいるヒデヨシ。

何故だか見てるだけで気持ちが楽になる。


頃合いをみて立ち去るヒデヨシ。
「またよろしくね。」

振り向きもせず悠然と立ち去るヒデヨシ。
なんだか貫禄がついたようだ。


ヒデヨシ 2013-05-14 撮影
Nikon S9300

2013年5月13日月曜日

ジレンマ


僕の足下で別の猫が食事をしている。
それを、羨ましそうに見ている猫君。
「こっちにおいでよ」と呼んでも怖がってこない。
根っから野良猫君。
それでもやっぱり食事にはありつきたいよね。
仕方がないね。
少し残しとくから僕がいなくなったら食べるといい。

ジレンマ 2013-05-13 撮影
Nikon S9300



2013年5月12日日曜日

錆びたバルブ



農道の端に設置された錆びたバルブ。
何の目的で設置されたのかわからない。
回してみたくならない?
僕は回してみたいけど駄目だろうな。

錆びたバルブ 2013-05-12 撮影
PENTAX K-30
 smc PENTAX-DA L 55-300mm F4-5.8 ED

2013年5月10日金曜日

恐がりのミー君



ミー君は恐がりだ。
僕には挨拶をしてくれるようになったけど。


ミー君は怖がりだ。
餌を食べてる時も微かな音で振り返る。




ミー君は恐がりだ。
だからか痩せている。

ミー君は恐がりだ。
それでも一人が好きらしい。




恐がりのミー君へ。
また会いに行くからよろしくね。




恐がりのミー君 2013-05-09 撮影
PENTAX K-30
 smc PENTAX-DAL 18-55mm F3.5-5.6 AL




2013年5月8日水曜日

高架


何故だろう?
このような無骨な構造物にひかれる。
何故だろう?
ただの鉄の構造物なのに。
何故だろう。
意味もなく写真を撮りたくなる。


千代インター辺り 2013-05-08 撮影
SIGMA 28mm f1.8 DG MACROレンズ使用

2013年5月6日月曜日

これはこれで



公園の野良猫にも人に甘えるのがたまにいる。
もとは、飼い猫だったのかもしれない。
そんな目で見られたら断れないだろ。
さあ、おいで。
暫くやすむといい。


気がすめばもとの場所に去って行く。
これはこれでいいものだ。


福岡東公園の野良猫 2013-05-06 撮影
SIGMA 28mm f1.8 DG MACROレンズ使用

福岡東公園の野良猫


猫って礼儀正しい。
食事を貰う前も、食べた後もきちんと挨拶をしてくれる。
そして、何事もなかったように去って行く。
この距離感がいい。


福岡東公園の野良猫 2013-05-06 撮影
SIGMA 28mm f1.8 DG MACROレンズ使用